サプリとの関係は?良い睡眠とはどんなものなのか

寝つきがよく寝起きもすっきり感じられること

良い睡眠とは、寝つきがよく寝起きもすっきり感じられるものです。ぐっすり眠るためには、体温調節や成長ホルモンなどさまざまな要素が関係してきます。体内の代謝活動を促進し、自律神経のバランスを整えることも大事なポイントです。睡眠の質を向上させることで、体の疲れや目に見えない部分の疲労も取り除きやすくなります。

食事は就寝3時間前までに済ましておく

食事のすぐ後に寝てしまうと消化活動が優先され、内臓が休まる時間も少なくなってしまいます。睡眠時間が同じでも、眠りが浅くなりがちなので注意が必要です。就寝までの時間が短くなるときは、消化の良いものを食べておきましょう。目安としては、就寝3時間前までに食事を済ましておくのが理想的です。

温かい飲み物で体温を上げる

温かい飲み物は内臓から体温を上げてくれるので、自然な眠気も促せます。白湯は胃腸への負担もなく、睡眠前のリズムを作りたいときにも最適です。ノンカフェインの飲み物を選べば、安眠効果も高められます。アルコールは一時的に眠りやすくなりますが、利尿作用があるのであまりおすすめできません。

睡眠サプリで足りない栄養素を補う

睡眠サプリは足りない栄養素を補い、睡眠の質を向上しやすくなるのが特徴です。医薬品ではないため、副作用が出る心配もありません。自然由来の成分が穏やかに作用するので、依存性もなく安心です。薬と一緒に飲むときは、お医者さんや薬剤師さんに相談してみて下さい。即効性がなく効果は徐々に出てくるので、少なくとも3か月は続けてみることも大事でしょう。

睡眠サプリの主な成分はグリシンです。エビやイカなどの魚介類に含まれています。グリシンは脳の体内時計に働きかけ、睡眠のリズムに作用します。