顔のくすみはピーリングできれいに取れる!

ピーリングとは顔の角質を取ること

顔の皮膚はターンオーバーという作業をしています。20代前半の場合は約28日で古い角質が剥がれ落ち、新しい皮膚に生まれ変わることができます。しかし、年齢を重ねるとだんだんターンオーバーの日数が遅れてきて、顔に古い角質がたまったままになります。この古い角質を取ることをピーリングといいます。ピーリングをすることで顔のトーンが一段上がります。

ピーリングの種類は色々

ピーリングは自分でできるものから、皮膚科で受けるものまで様々です。一番お手軽なのは石鹸の中に酸が入っているピーリングソープ。これで毎日顔を洗うことで、古い角質が徐々にとれていくという方法です。美容皮膚科などで行うのはケミカルピーリングが有名です。皮膚の上に酸を塗り、軽く火傷をさせることで肌本来の治癒力で火傷を治し、新しい皮膚にしていくというものです。施術後は少し赤みがでますが、時間と共に赤みが引き、新しい皮膚に生まれ変わります。

ピーリングが向いている肌と向いてない肌

皮膚が弱い人はピーリングは行わない方がいいでしょう。角質を無理やり剥がすピーリングは肌を痛めてしまう可能性があります。使うとしてもピーリングソープを毎日ではなく、週に3回ほどでやめておきましょう。ピーリングソープを使った後は肌が乾燥しがちですので、化粧水やクリームはいつもより多めに使ってください。肌が強めの人はケミカルピーリングなどにチャレンジできますが、終了後は顔が赤くなりますので人に会わないですむ日などを計算して受けることをお勧めします。また、万が一トラブルになったときのために信頼できる美容皮膚科で受けるようにしてください。

ピーリングとは、古くなった角質を除去して、肌のターンオーバーを正常化させるためのケアの方法の一つです。