厄介なほくろは病院で除去!ほくろの特徴と問題点を学ぼう!

ほくろが出来る仕組みと体への影響

ほくろは表皮の細胞に含まれている色素が集まって形成された物です。一般的に黒か濃い茶色の粒が表皮に出来上がり、場合によってはイボのように隆起します。ほくろは痛みや炎症などの症状は無いので、気づかないうちに形成されているのが殆どです。また、年齢や性別、部位に関係無く発生するのも特徴の一つです。

ほくろによる体への影響は殆どありませんが、稀に重大な疾患の症状としてほくろが形成されることがあります。皮膚細胞の形成に異常が生じ、色素が極端に多く形成されて出来上がったほくろはいびつな形で色もムラがあるのが特徴です。出血や痛みを伴うこともあるので、異常なほくろが出来た場合は速やかに病院で検査を受ける必要があります。

ほくろ除去を行う際の健康管理

顔や腕など露出が多い部位に形成されたほくろは目立ちやすく、人によっては見栄えが悪いと感じてしまうことがあります。ほくろを取り除くためには病院での治療が最も安全で確実な方法です。美容外科などの専門機関では単にほくろを取り除くだけではなく、処置後の健康管理にも配慮した治療を受けることが出来ます。ほくろを切除した傷跡が無い、綺麗な仕上がりになるので美肌を保ったまま不要なほくろを取り除くことが可能です。

ほくろ除去の治療を受けた後は体に負担をかけないように気を付けるのが健やかな状態の維持に繋がります。除去した部分に刺激を与えないように気を配る他、過度の運動を避けることが大切です。また、清潔に保ち疲労やストレスの蓄積を避けるのも術後の体調を損なわないための工夫になります。

ほくろ除去は、美容外科で医療用レーザーを使う方法が主流となっており、施術の方法によっては周りの皮膚を傷つけずにほくろを目立たなくさせることもできます。