ニキビ対策!実は洗顔のやり方とその後のケアで差が出ます!

顔の洗い方について知っておくこと

洗顔を適当にやってしまうと、それが原因でニキビが酷くなることがあります。そこで正しいやり方を覚えておきたいのですが、中でも強く肌をこすらないようにしたいものです。汚れを落としたいからという気持ちから力を入れてしまうのですが、刺激が強過ぎると肌を傷めますし、ニキビにも良くないです。

そのため洗顔をするならまずは石鹸や洗顔料をしっかりと泡立てます。そして肌の上にのせて、撫でるように洗っていきましょう。全体を洗うことができたら、丁寧に洗い落とします。石鹸や洗顔料が残っていると、それを餌にして菌が繁殖してしまい、新たなニキビができる原因となるからです。

水では落としにくいと感じるなら、ぬるま湯を使うのも良い方法です。

洗い終わった後にやること

洗顔が終わったら、きれいなタオルで拭くのを忘れはいけません。タオルが汚れていると、せっかくきれいになった肌に菌が付着してしまいます。その後にやっておきたいのが保湿ですが、肌が弱いと自覚している人は、アルコールを含まない化粧水を選ぶと良いです。

きれいな手に適量を取って肌に馴染ませていきます。この時に叩いてしまうと、やはり刺激が強過ぎてニキビに良くないため、手で肌を押さえるようにしたいです。その状態のままにしておくとどんどん乾燥するので、仕上げに保湿クリームを塗って蓋をしておきます。

ただし、肌に合わないものを使用するとニキビ対策には逆効果なため、違和感があるならすぐに使うのをやめましょう。

ニキビ跡ができる原因には、誤ったスキンケアや脂性肌、紫外線などが指摘されることがあります。また、色素沈着が目立たないようにするには、レーザーをはじめとする医療機器による施術が効果的です。