肥満は病気の原因になりますので解消しましょう

肥満外来に行きましょう

自分で今年こそはやせたい、と思う方は肥満外来に行きませんか。肥満と一言で言っても、今はどの程度の肥満か、またどのようなことをすれば適正な体重になるかなどを医師の診断を通して指導してもらうためです。かなり肥満という方でも、残念ながら肥満を解消する薬はありません。肥満は原則として、食べる量を減らして運動を多くすることです。食べ物で必要がない物、つまり生きていくのに必要がない物はお菓子類やジュース類です。いずれも甘い砂糖が入っているので痩せるまでは甘い物は我慢しましょう。それから、白いお米やパン、麺類も意外とカロリーがあるのです。ですから、これらは今日から少し控えめにして食べることにしましょう。

毎日の生活の中で運動と食事を

今までの生活では家の中でだらだらと時間を過ごすことが多かったのが正直なところです。ですから、今日から身体を動かすためにウォーキングをしようと決めました。スマホに万歩計がついていますので、一日何歩歩いたかを毎日チェックします。目標は1万歩にしました。それとだらだらと歩いても効果が半減するようなので多忙なビジネスマンのようにさっさっと歩くようにしました。さて、食事の方もご飯は一膳を少なめにして野菜などは多め、肉、魚は普通という感じにしました。しかし、長年の習慣でどうしてもお腹がすいてしまいます。こういうときは、こんにゃくのようなゼリーを食べたり、ナッツ類を食べたりしました。また、あれほど好きだったお菓子は一切封印。すると一か月後に体重は3キロ減量できました。

肥満は予防しておくことが第一ですが、もし高度肥満症にでもなると、肥満治療として食事と運動習慣を変える必要があります。それでも改善が認められない時に薬がでるため、まず治療には本人の強い意志が必要です。