毛穴のひきしめも忘れずに!ほくろ除去あとのケアを考えてみよう

紫外線などの刺激から守ること

ほくろを除去したら、毛穴のひきしめなどアフターケアにも配慮しなければなりません。間違った手入れ方法を行うと、盛り上がりや色素沈着の原因にもなってしまいます。除去した部分は保護テープを使って、紫外線に当たらないようにすることも大事です。傷口が治るまでは、なるべく刺激を与えないようにしておきます。塗り薬が処方されたときは、用法や用量を守って使いましょう。専用の絆創膏なら傷口の乾燥を防げるので、肌の再生も早くなります。ドクターの指示に従い、ケアは自己判断で行わないことも大切です。もし赤みや黒ずみが出てきたら、施術を受けたクリニックですぐ診てもらいましょう。

傷口が治ってから行う毛穴ケア

傷口が治ったら、毛穴のひきしめにも力を入れていきます。ほくろを除去した部分のくぼみは、一か月ほどで目立たなくなるので安心です。過剰な皮脂や汚れを取るには、一度毛穴を温める必要があります。毛穴がしっかり開いた状態で洗顔することで、化粧水によるケアも効果が出やすいはずです。毛穴のひきしめに特化した、収れん成分が入っている化粧水を選ぶと良いでしょう。乳液やクリームで保湿しておけば毛穴も開きにくくなります。日常的なケアとしては体を冷やさないことも大事です。代謝が良くなれば毛穴の開閉する力も鍛えられます。ほくろ除去をきっかけに、生活習慣を見直してみるのもおすすめです。規則正しい食生活を心掛ければ、毛穴のひきしめはもちろん肌の再生にもつながります。

毛穴の黒ずみが気になる方は「毛穴 皮膚科」で検索するとどんな手術をしているかが分かるので、すぐに治療をしたい場合は病院に問い合わせをしてみると良いでしょう。