紫外線から肌を守ろう!!洗顔方法も見直すといいよ!!

とにかく紫外線から肌を守る

太陽はいろいろな恵みを地球上にもたらしてくれます。熱はよく知られていますが、光も植物の光合成や発電などに役立てられています。紫外線も色々重要な役割をしてくれますが、人の肌にとっては必ずしもいい働きのみをしてくれるわけではありません。紫外線を浴びると肌の下に色素沈着の原因物質を作り、シミの原因になります。一度シミができてしまうと、外科的な方法を取らないと無くすのは難しくなります。シミを作らない、増やさないようにするには、いかに紫外線から肌を守るかになるでしょう。まず紫外線が多く降りそそぐ時期や時間を把握し、その時は厳重に紫外線対策をします。真夏よりも春の方が強いといわれます。太陽の日差しの強さとは異なるので、朝や夕方などは特に対策は不要になります。

洗顔方法を知ってシミを増やさない

美容外科などを利用すればほくろなどを除去できます。同じ技術で一応シミも除去が可能です。でも、それなりにお金がかかります。シミを増やさなければ、美容外科などで消す必要がなくなります。毎日行っている行為を見直すと、シミ予防につながるとされています。体にとって皮脂はそれなりに必要ですが、無駄な皮脂を放置すると酸化を進めます。それが原因のシミもあります。一方で洗いすぎも良くなく、必要な皮脂がなくなればやはりシミができやすくなってしまいます。洗顔方法としては、必要な部分を素早く洗うようにするのが良いと言えます。洗顔料はあまり多くなり過ぎないようにし、水の温度は人肌ぐらいにします。洗った後はタオルで抑えて水分を取るようにします。

肌が紫外線を受けるとメラニンが生成されます。これが色の濃いシミです。予防と解消には紫外線に当たらない事が効果的です。