なぜ血液クレンジングはアンチエイジングに効果的なのか?

オゾンで血液をキレイに!

血液クレンジングは「オゾン療法」のひとつで、ヨーロッパでは難病の治療にも施されるなど広く認知された70年以上の歴史を持つ治療方法です。

血液クレンジングは、少量の血液を採取し、専用の器具で多くの酸素を含んだオゾンと反応させて点滴の要領で体内に戻します。自分の血液を使うため副作用が少なく安全性が高い方法です。

血液は全身の細胞に酸素や栄養素を運ぶ大事な役割を持っています。不規則な生活や偏った食事、運動不足やストレスなどで血液は次第にドロドロになってしまいます。ドロドロな血液は、循環が滞り様々な疾病を引き起こす一因となるほか血管を傷つける場合もあります。

そのドロドロになった血液をサラサラにするのが「血液クレンジング」です。

継続して行うことで効果が持続する!

オゾンでキレイになった血液は全身を循環し、細胞に酸素や栄養素が行き届き活性化します。細胞が活性化すると免疫力や代謝がアップすることが期待されます。新陳代謝が良くなると、肌のターンオーバーのサイクルを正常化することも期待できますね。また、血行が良くなることで冷えが改善されたり、慢性的な肩こりや頭痛の軽減にも効果的です。

血液の循環が良くなると血圧も安定します。そのため、動脈硬化など心疾患や脳疾患の予防にも繋がります。

一度の治療でも効果を実感される方も多いですが、継続して治療をうけることで健康的な血液の状態を持続することが可能です。

慢性的な疲れや不調でお悩みの方は、血液をキレイにすることを検討してみてはいかがでしょうか?

血液クレンジングとは体から取り出したドロドロの血液を医療用オゾンガスに接触させ、それによりサラサラの健康な状態になった血液を再び体に戻す療法です。これにより体の抗酸化力が高まり、健康改善に繋がります。